夫婦円満な外資OLが”パパ活”をするワケ 「出会い系の世界にどっぷりハマる」

出会い系の世界にどっぷりハマる 出会いマッチングサイトは、主に大手のYYC、そして2018年に新潟県知事の買春問題でも話題になったハッピーメールに登録していた。 「どのサイトも、登録しては退会して、また登録する……という

夫婦円満な外資OLが”パパ活”をするワケ 「夫にバレない自信はある」

女性が年上男性とデートをして、見返りにお金をもらう「パパ活」。ヘビーユーザーという44歳の既婚女性は、最難関の理系大学院出身かつ外資系企業に勤務するエリートだ。彼女は「夫婦生活のためにも、自分のためにも、パパ活は大事」と

真面目な既婚者がパパ活にハマるジレンマ・最終章 〜パパ活が結婚生活の維持・安定に「貢献」する逆説〜

パパ活が結婚生活の維持・安定に「貢献」する逆説 1980年代、電話を介して男女の出会いをマッチングするテレフォンクラブ(テレクラ)が流行り始めた当初、利用者の多くは援助交際目的ではなく、純粋に恋愛をしたい男女が集まってい

真面目な既婚者がパパ活にハマるジレンマ – 結婚生活で足りない「純愛」を補完 – No,2

半年間のパパ活で手にした収入は約70万円 「7人に会って、現時点で関係が続いている人は、1人だけです。その人は、お食事をするだけのデートで数万円くださるんです。なぜ彼が誘ってこないのかは、分からないです。その男性とは、月

真面目な既婚者がパパ活にハマるジレンマ – 結婚生活で足りない「純愛」を補完 –

女性が年上男性とデートをして、見返りにお金をもらう「パパ活」 ヘビーユーザーという44歳の既婚女性は、最難関の理系大学院出身かつ外資系企業に勤務するエリートだ。彼女は「初回からホテルOK」にしてまで多くの男性と会っている

「パパ活」を甘く見る女子中高生に迫る超危険 性被害や殺人の可能性を忘れてはいけない

女子中高生がSNSから気軽に投稿する「パパ活」に潜むリスクとは(写真:Graphs/PIXTA) 「#パパ活初心者」「#パパ活大阪」「#パパ活JC」「#パパ活」――。 ツイッターなどのSNSで「パパ活」と検索すると、この