景気拡大が「いざなぎ景気」を超えて戦後2番目に。株価も25年ぶりの高値をつけた。正社員の有効求人倍率も1.0を超えたし、平成30年春新卒採用の大学生内定辞退率も、6割を超える64.6%で過去最高だ。数字だけを見れば明らかに景気は良くなっているが、その一方で、「実感なき景気回復」と言われる。「儲かっているのは大企業と金持ちだけで、一般の人間には無関係」という声もよく聞く。

 いったい景気は回復しているのかしていないのか、よくわらかない局面だが、実のところ、バブルは来ていると感じている。僕はエコノミストではなくてマーケティング屋なので、世の中の動向を探る場合、経済指標的な数値も確認のために参考にはするが、どちらかと言えば世の中の「現象」を重視している。景気というものは空気感だし、経済の実態から乖離して拡大する場合もある。だからバブルも生じるわけだが、その空気感は数字より先に現象となって表れるからだ。というか、数字に表れる前に実感として感じ取れなければ、マーケティング屋として負けである。

 そんなマーケティング屋の実感として、今はバブルが来ているなあと思う「現象」も生じている。今回は、その現象について述べたいと思う。

景気回復の実感が

なかなか湧かないワケ

 まず、バブル時代をリアルに体験した世代として、なぜに戦後2番目の景気拡大局面でも実感が湧かないのかを説明しておこう。株価が上昇しても、大企業が過去最高益を上げても、庶民の生活はいっこうに良くならないとよく言われるが、その理由については、実はあまり正しくは語られていないからだ。端的に言えば、景気回復の実感が湧かないのは、企業が経費を使わない、社員が使えないからだ。

 よくある誤解に、「バブル期はサラリーマンの給料もどんどん上がっていたから景気がよくなった」というものがある。たしかにバブルの頃はボーナスも良くて、僕の後輩も入社1年目のボーナスが200万円も出たという話も聞いた。銀行のOLのボーナスが100万円あったという話もよく聞く。しかし全体として見た場合、バブル時代でもそれほど給料は高かったわけではない。

 たしかに日本では、長期的に平均給与は下がっている。しかし、大して下がっているわけではないし、実はバブル時代よりも上がっている。こちらの資料によれば、バブルど真ん中の1988年の平均給与は384万円。それに対して2016年は421万円だ。平均給与が最高だったのは1997年の467万円で、そこから比べればたしかに下がってはいるが、世の中はデフレが続いていたので、実質賃金はそれほど下がっていないと言える。

 長銀や山一證券、拓銀などが破綻し、日本経済が未曾有の危機を迎えていた97年頃に平均給与が高かったのは、給与が高く人数も多かった団塊世代のリストラが進んでいなかったという理由もあるだろうが、それ以降の大卒初任給の推移を見ても下がっていないし、物価を考慮した場合、実質賃金はむしろ上がっている。

 つまり、給料が上がらないから景気が良くなっていないという議論は実態と矛盾している。では、なぜ一般の庶民には景気回復感がないのか。バブル時代と今とでは、何が違うのか。それは「企業の経費の使い方」だ。

バブル時代の経費の使い方は凄まじかった。30代の中堅社員でも、月の接待費枠が500万円とか、大手広告代理店なら20代の若手でもタクシー乗り放題とか。実際、僕も飲み会などで代理店の人間からよくタクシーチケットをもらっていたし、プロジェクトの打ち上げは伊豆の温泉旅館で大名旅行みたいなこともよくあった。大きなプレゼンの前には、代理店の人間がホテルのスイートルームを取って、そこにスタッフを缶詰にして資料をつくっていた。代理店の社員なのに、シティホテルのスイートルームを自分のオフィスにしているヤツもいた。

 年収400万円台のサラリーマンが毎月500万円も接待費を使って飲み食いしていれば、それは当然、世の中がバブルな感じになるわけだが、ではなぜ、今では企業がこのようなお金の使い方ができなくなったのか。その最大の理由は「株主の意識」が変わったからだ。

バブルに不可欠な

余った金が「流れ込む先」

 言うまでもなく、経費とは会社の金だ。バブル時代には、この会社の金を経営者が勝手に使うことができた。というか、使ったもん勝ちの時代だった。今でも鮮明に憶えているが、当時、西武グループ総帥の堤義明氏が、「利益を出して税金を払うような経営者は無能だ」と経済誌で堂々と語っていた。今ならそんな発言をしたら株主総会は大炎上必至だが、当時の堤義明氏は経済界のオピニオンリーダーで、そのような人物が堂々と経費を使いまくれと言って賞賛されていたのだから、社員も経費を使えるワケである。

 念のために言っておくと、堤氏がここで言っている「金を使え」は、飲み食い経費というより、企業は税金を払う金があれば投資しろということなのだが、80年代バブルは土地バブルだったもと言えるので、その投資先もほとんどが土地への投資だった。

 土地バブルが生じた理由もいろいろあるが、最大の理由は「含み資産の発見」だと思う。含み資産というのは、たとえば100万円で買った土地は100万円の資産としてバランスシートに載っているが、実は100億円の価値があるということで、古い企業はこの含み資産を膨大に持っていることに銀行が気がつき、それを担保に金を貸し込んだ。

 逆に言えば、昭和の初期に100万円くらいで買った銀座の土地が100億円の価値になっているのに、昔ながらの商売を続けて土地の価値を活かさない経営者は無能だ、と言われていた時代でもある。というわけで土地バブルが発生し、企業は税金を払う金があるなら土地を買ってビルを建てろ、みたいなことが奨励されたし、それができる経営者が有能とされた。

 しかし、今は株主の意識も変わったので、税金を払う金があるならとっとと払って内部留保金を貯め込んだほうが企業価値は上がる。大企業が膨大な利益を出しても、内部留保金を拡大させるばかりで従業員の給料に反映されないのは、そのほうが株価対策になるからだ。

 ちなみに、大企業が利益を出しても従業員の賃金に反映させないことへの批判が多いが、賃金は基本的に需給関係で決まるものなので、実は業績とはあまり関係がない。仮に、ある企業が必要としている人材が20万円の給料で雇えるとすれば、その企業は20万円を払えば人材を確保できるので、それ以上の給料を払う理由は何もない。

 だから、企業は儲かったら従業員に還元しろという主張は聞こえはいいが、企業側からすれば(株主からしても)理由がない。つまり、庶民の賃金を上げたければ、人手不足状態をつくり出すしかないわけだ。実際に、建築や飲食など、さまざまな業界では人手不足のため、時給は上がっているが、かつてのように社員がバンバン経費を使えるわけではないので、景気回復の実感がなかなか湧かない。

 景気回復感を生み出すためには、企業がバンバン金を使わなくてはならないのだが、現実には内部留保を貯め込むばかりで金を使っていない。だから戦後最長の小泉景気の時も、戦後二番目の長さであるアベノミクス景気でも、バブルは生じない。バブルというものは金が余っただけでは生じず、余った金が「流れ込む先」が必要だからだ。その金が土地に流れ込めば土地バブルになり、IT企業に流れ込めばITバブルになるわけだが、流れ込む先がなければ、金は貯まるばかりなのだ。

 

次のページへ

交際クラブグリュデでは単にお金が欲しい・贅沢をしたいと言った女性より純粋に恋愛を楽しみたいと思う女性ばかりです。
60代だからと諦めず、積極的にアプローチしてみてはいかがでしょうか?

1f1f9380-2cec-437e-bcab-3ceea0daf9e6-1222-0000012de944a811新規入会キャンペーン実施中!! キャンペーンクーポンコードは「 1912 」です。お好きな女性を紹介料無しでご案内致します!!

ご登録にはクラブによる審査が有ります。VIPゴールド会員もしくはプレミア会員へのご入会の方、初回1名のご紹介に限り有効です。

令和元年12月末迄にご入会の男性は

お好きな女性を紹介料無しでご案内致します!!

 

https://diamond.jp/articles/-/149318?page=2 より引用

 

交際クラブ クラブグリュデの登録申込

こちらのオンライン申込から入会頂きますと入会金無料です!※女性とのセッティング料のみでご案内致します!

※クラブへ入会出来ない方 【1】不潔な方 【2】社会的マナーや常識の無い方 【3】タトゥーの有る方 【4】約束を守れない方

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

ご年齢 (必須)

お住まい (必須)

ご職業 (必須)

現在の年収 (必須)

ご希望の女性会員様のタイプ・年代 (必須)

ご意見・ご質問ございましたらご記入下さい。

知人から紹介の方は紹介者のお名前を教えて下さい。

クラブグリュデ規約事項同意確認
同意致します。

入力内容をご確認下さい。

※送信・受信メールは、弊社コンプライアンス。個人情報保護法。守秘義務の為、厳重管理の元保護されております。

この度はグリュデ会員申込(仮)にご連絡頂き誠にありがとうございます。

※入力頂いたメールアドレス宛てにも同じ内容の文章を自動送信しております。メールでもご確認頂けます。

当クラブでは現在オンライン入会登録を実施しております。

※オンライン登録頂きましたら入会金は無料です。

入会に必要な守秘義務契約とクラブ規約の同意
身分証の確認各種プロフィール登録用URLを
送信致します。各項目をご入力頂きます様お願い申し上げます。

URL

http://wp.me/P6pEwn-18

ユーザー名
1111

パスワード
1111

入力に際して
不明な箇所、上手く入力できない。
不具合、ご質問等ございましたら
お知らせ下さい。

-------------------------------------------------------
※身分証・所得証明等の送信が無くても
会員入会事項入力頂きましたら、
女性会員紹介ページを発行致します。
-------------------------------------------------------

入会登録が完了致しましたら、
2、3日で
会員様専用ページの
URL
ID・PASSを
送信致します。

ご希望の女性がいましたら
ご紹介までのセッティングを行います。

セッティングはオファー頂いた女性との
セッティング費を指定口座へお振込み頂きましたら
セッティング確定としております。

「セッティング当日について」

当クラブで合流を確認致します。

①男性会員様は、
指定場所に到着されたらメールを下さい。
服装等をお知らせ願います。
※お電話で確認する場合もございます。

②男性会員様が到着されたことを女性会員に伝えます。
女性会員様から貴方のお名前(クラブで決めた名前)で
お声をお掛け致します。

③無事合流されましたら、
女性会員様から当クラブへ合流通知のメールを頂きます。

④以上でセッティングが完了致します。

※女性と会えない、
(場所の間違い)
指定時間に合流が出来きない場合は、
すぐにご連絡下さい。

セッティング後は自由交際となりますので、
自己紹介から、交際についての条件、
連絡先交換等、
デートを楽しんで下さい。
何卒
よろしくお願い致します。

グリュデカスタマーセンター

-------------------------------------------------------------
『男性専用サポートセンター』
フリーダイヤル
0120-088-882
10:00-18:00(土・日・祝休業)

『女性専用サポートセンター』
フリーダイヤル
0120-868-883
10:00-18:00(土・日・祝休業)

『メールアドレス』
info@club-grudet.com
10:00-20:00 順次対応
-------------------------------------------------------------
※送信・受信メールは、弊社コンプライアンス。
個人情報保護法。守秘義務の為、厳重管理の元保護されております。
-------------------------------------------------------------

 

交際クラブ「グリュデ」について

男性から入会時によくある質問

交際クラブについて初めての入会

交際クラブは風俗と同じですか? という質問を頂きますが、 正確には風俗ではございません。 援助交際に近いと思います。 個人対個人で愛人契約をして 報酬を交際相手に渡したり、場合によっては振込んだりしますので、 なんらかの性的なサービスを提供してもらう事とは異なります。

合意が有って交際が始まります。

交際クラブではセッティング当日、相手の方と初顔合わせする訳ですが ここで男性、女性共に、断る権利を持っています。 クラブは事前に相手方の情報を提供致しますが、 やはり実際に合ってみて想像と違った。話してみて魅力を感じなかった。 交際相手として見れなかった等、タイプ違いも有ります。 男性、女性どちらか片方でも交際対象として発展出来ないと感じたら 不成立となります。 ただ、見た目や、性格、人格などの印象で判断するのは男性会員様の権利といえます。 女性はお礼金が目的なので、男性に対してルックス、容姿で拒否することはほとんどありません。 女性から拒否されるケースは、条件(お礼金)が少ない。乱暴な態度を取られた。プライバシーを侵してくる。 という理由からやむなく不成立を言われるようです。

クラブはどこまでサポートしてくれるのですか?

交際クラブはご希望の女性との初回会う日(セッティング日)迄をご案内しております。 待合せ時間、場所を決め、当日無事に女性と合流をしたらサービスは完了致します。 後は直接二人で連絡先を交換、条件を決めて、次回会う日を決めて頂きます。 まれに、連絡先を聞き忘れた、聞いた連絡先が間違っていた等、相手様の連絡先を後日、クラブへ確認されることが有ります。 クラブでは、相手様の個人情報になりますので、必ず確認を取ってから、承諾を得て情報をご提供しております。 条件不一致で解散された場合、再度条件を提示したい。男性からも女性からも後日問合せを頂きます。 こちらに関しても1回だけ条件についての仲介をさせて頂いております。成立頂ければ交際が始まります。

一般的な相場ってあるのですか?

相場というのがはっきりしてないのが正確な回答になります。ただそれじゃあ女性はいくらでも言えるし、 男性が不利なのでは?という問合せを頂きます。 ここでは 交際にあたいする相手であることを想定しての目安をご紹介致します。 ●一般女性 食事のみ 1万〜2万 半日デート 2万〜3万 行為も含めたデート 5万〜10万 ●モデル・タレント等 表舞台で活躍されている女性 食事のみ 2万〜5万 半日デート 3万〜6万 行為も含めたデート 10万〜20万 あくまで目安ですので、 女性としっかり話しをして 決めて頂ければと思います。 あまり一度に渡し過ぎるのもお勧めできません。 例えばですが、男性から自分は一回に6万を渡そうと思っていると伝え。 女性の意見を伺います。もう少し、気持ち上乗せで応じるとなれば 7万で成立となりますし、 女性が10万を望んだとしたら、 最初は間を取って8万渡す。それで1回目の行為が良ければ 2回目からは10万を渡すという風に、少し駆け引きにはなりますが、 女性にも10万の価値をしっかり分かってもらうように 慎重にお礼の額を決めて下さい。 受け取れるお礼が分かっているので、 女性もそっぽ向いたり、すぐに不成立、拒否はしてこないです。 定期的に副収入が入る訳ですから 1回の金額よりも定期的に必ずもらえる条件を選んできます。 会う頻度が程よいサイクル、一定の流れが出来ると 最初の交渉額で納得してくれます。 逆に最初に期待感を持たせる為に、サイクルが出来るまで、 気持ち多く出してあげるのもポイントです。 サイクルが出来れば、月1回にまとめて渡す契約に変えて1回の金額を安くすることは可能です。 女性は毎月安定した収入が約束されていると、男性の都合に合わせてくれるようになります。 ※あまり無茶なプレイ、嫌がる行為は避けて下さい。 ※時間や会う回数等の融通が利くようになるという意味です。

セッティング当日はどこまで可能なのでしょうか?

交際クラブを初めて利用される方に多い質問です。 セッティング当日は 初顔合わせとなりますので、 一般的には、 クラブで指定する人の少ない カフェを選びご案内致します。 カフェで合流いたします。 その後は自己紹介、 今後交際するにあたっての 条件をふたりで決めます。 大事なのは、連絡先をお互い交換すること、 次回会う日を決めること。 です。 そこまでをクラブでご案内するセッティング当日としています。 当日お食事を事前にご予約される場合は 先にお知らせ下さい。 また、当日でも 双方の同意が有れば、 その後、ホテルに行かれるケースも有ります。 ※基本的には男女の関係は次回からというのが紳士的な好意とされてますが、 女性会員のコンディションや条件によっては承諾されることも有ります。 ホテルは移動可能なラブホテル・遠方の方はシティーホテル 待合せをシティーホテルのカフェとして 自室かラブホテルへの移動、どちらかを選択されます。 2回目以降会う日に関しても、 関係を持つことが前提であるか(ホテルへ行く) しっかり確認した上でお会いするようにされると、 会ってからのデートがスムーズです。 例としては 食事をした後にホテルに入る 食事をせず待合せてからすぐホテルへ入る ホテルで行為を済ませてから後で食事をする。 という風に 会ってからのスケジュールを 事前に確認し合っておくと 相違なくデートを楽しめると 思います。 その他入会前にいろいろ聞きたいLINEで入会相談受付中 !cid_8A807735-9106-4B7B-8825-0DF2BDA39B54

クラブグリュデは全国規模の女性入会ネットワーク

入会されている女性会員は全国各地にいらっしゃいます。

japanmap4