では質問力をアップさせるには?

<<質問力をアップさせるには?>>

まず相手がどんな人なのかを知る

質問する目的ですが、相手がどんな人なのかを知るという目的があります。
それには、相手に興味を持っているから質問するのです。
興味がない相手に対しては、質問内容があいまいなものとなってしまうおそれがあるようです。

■自分なりの答えを用意しておく

まれに、質問に対して質問で返してくる人がいます。
質問されれば、聞き手も質問に答える必要が出てくるでしょう。
聞きっぱなしではなく、自分なりの答えを用意しておいたほうが良さそうです。

■ポイントをしぼって質問する

質問には、「最近、どうですか?」みたいに、質問された人が答えにくいものがあります。
このようなあいまいな質問ではなく、ポイントをしぼって質問しましょう。
何を答えたらいいのか、相手が答えやすい質問をしてください。

■相手が聞かれたいことを質問する

人には、他人に聞かれたいことと聞かれたくないことがあります。
質問する場合は、相手が聞かれたいことを中心に質問したほうが良いでしょう。
これを聞いてほしいという、相手の立場に立った質問をしましょう。

■核心に迫る質問

質問力がアップすると、より核心に迫る質問ができるようになります。
質問の仕方によって相手の本音を引き出すことができそうです。
そのレベルに達するまで、多くの質問をして質問力を磨きましょう。

初対面の人と会話する際に、何を質問していいのか困ることはありませんか?
質問力の高い人というのは、質問する能力だけに長けているわけではなく、

聞き上手でもあるようです。

相手の話を聞きながら、適切な質問をして上手に会話を引き出します。
相手がおしゃべりな人の場合は、聞くだけでもいいかもしれません。

話の中でわからないことや掘り下げて聞きたいことがあれば、タイミング良く質問しましょう。
質問力は重要ですが、次から次へと質問するだけだと相手は疲れてしまいます。

楽しく会話しながら、時々質問をはさむようにしてください。

質問には、

「オープン・クエスチョン」と

「クローズド・クエスチョン」があります。
オープン・クエスチョンというのは、

相手が自由に答えることのできる質問方法です。

それに対して、「YES」か「NO」で答えられる質問を

クローズド・クエスチョンと言います。
質問する相手によってオープン・クエスチョンが向いている場合と、

クローズド・クエスチョンのほうが答えやすい場合がありそうです。
たとえば、好きな食べ物を聞くときに、

「あなたの好きな食べ物はパスタ?」

と聞くのはクローズド・クエスチョンであり、

「なぜ、パスタが好きなの?」

と聞くのはオープン・クエスチョンということになります。
クローズド・クエスチョンだと

「パスタは嫌い」

と言われて、そこで会話が終わってしまうことがあります。

オープン・クエスチョンなら、

相手からパスタが好きな理由をいろいろ聞くことができるでしょう。
答えやすいのはクローズド・クエスチョンの方ですが、

話が広りやすいのはオオープン・クエスチョンです。
相手との会話を充実させるためにも、

オープン・クエスチョンとクローズド・クエスチョンを上手に使い分けて、質問力を磨きましょう。
交際クラブ・デートクラブをご利用の皆さまも

セッティングの時などは、お互いに初対面ですので緊張して

話がはずまないこともあるかもしれません。

会話の合間などに上手に質問をして、

話を広げてお相手の方と距離を縮められるといいですね。

※みなさまのご意見ご感想をお聞かせください。 今回の記事や交際倶楽部について交際クラブに入会している女性について、知りたい、気になる情報をお伝え致します。 クラブグリュデスタッフが個人的に対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。(^^)v コメント欄や、ダイレクトメッセージ、LINEでも問い合わせ可能です。 ※匿名でも歓迎します。 http://club-grudet.com/leopard/

master@club-grudet.com

0120-0-88882 電話受付10:00~18:00(土日祝休)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。