続き


「どんなことをしてでもお金持ちになりたいんです。」

彼女の金銭に対しての異様なまでの執着は、

彼女のはなしから納得できました。

地方出身の彼女は高校卒業後、地元で水商売をしており、

そこで知り合った男性から1回会うたびに10万円程度のお手当をもらっています。

複数の会社を経営するこの男性以外にも、毎日のように様々な男性と会い、

そのたびに3万~5万円を手にする。

そんな愛人生活を続けているそうです。

 「もっと稼ぎたくなって、本格的なクラブに登録しました。」

飲み屋などで声をかけてきた男性に愛人契約を持ちかけることもしばしばで、

1日3人と会うこともあり、多い月は300万円稼ぐと彼女は言います。

このように仕事として専門に愛人だけをする女性は少なくなく、

さまざまな事情を抱えた女性たちが集まります。

そして彼女たちの背景にはさまざまな事情があるのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。